お食事

不二楼渾身の新作天扶良

不二楼渾身の新作天扶良

不二楼渾身の新作天扶良

無限に広がる食のマリアージュ。
揚げ油は、伝統の玉締め絞り胡麻油を使用。
この胡麻油は、低圧力、常温で搾り取るため、
ゴマの芳醇な香りやビタミンなどの栄養素がそのまま残る、鮮やかな琥珀色の最高級の胡麻油です。
全く胃もたれのない、さっくりと揚がった不二楼渾身の新作天扶良が毎日続々登場しています。

お食事

本田法男の挑戦
不二楼の天扶良職人 本田法男(ホンダ ノリオ)の挑戦。
様々な素材をいかに活かすか。
今日からおよそ2週間、様々な天扶良メニューが登場致します。
なんとこんな天丼まで。

お食事

食材のマリアージュ
天扶良は素材の持ち味を限界まで引き出す為の調理法です。
例えば食材のマリアージュという楽しみ方も。
いよいよ8月17日よりスタート致します。

お食事

天扶良は『蒸し物』
天扶良は『蒸し物』である、という哲学。8月17日より、満を持して登場致します。
皆様大変お待たせ致しました。
※写真はゴーヤと小柱、アスパラガスの穴子巻きです。

お食事

佐賀牛鉄板ハンバーグ
皆さまお待たせ致しました。
不二楼2階メニューの佐賀牛シリーズが、いよいよ「お盆明け」より本格始動致します。
例えばこんな佐賀牛鉄板ハンバーグも。
鉄板職人三浦の表現する魅惑の世界観を是非お楽しみ下さい。

お食事

不二楼の鶏 :品種にこだわる理由
私どもは、鹿児島出水市にある提携養鶏場の専用飼育鶏(日齢120日以上)を使用しています。品種は純和血統の赤鶏。軍鶏系の地鶏は使用しません。
軍鶏系は火を通すと硬くなるので、肉厚で串に打てず、炭でパリッと焼くより、余熱で火を通す料理法に向いてます。それに比べ、赤鶏系は肉質、食感、風味がとことん焼鳥向き。飼育方法1つでどれだけでも美味しく育てる事が可能です。
また、ブランドのポリシーや、こだわりをとことん追求するなら、飼育段階から関わらないと良い鶏肉は提供出来ません。私どもの根幹を支えるオリジナルブランド鶏がいかにして育てられているか、これからシリーズでお伝えして参ります。

お食事

焼鳥のタレについて
創業者高取が創業以来ずっと磨き続けてきた焼鳥のタレ。
今回は魚介の熟成技術を応用した焼鳥の領域へ踏み込むため、従来の継ぎ足しダレを10年ぶりにリニューアル致しました。
10時間以上掛けて何層にも重ねられた甘さと数種類の醤油が織り成す圧倒的なコクと旨味。
革新と伝統の融合が生み出す美味しさを是非お楽しみ下さい。

お食事

不二楼に宿る『焼鳥の美学』
私どもは四半世紀以上を掛けて
「本当に美味しい焼き鳥とはどういうものか」という哲学を行い、
日々妥協することなく研鑽を重ねて参りました。
他の追随を許さない圧倒的な美味しさへの挑戦の陰には、
私ども不二楼の美学が宿っています。

お食事

鞍掛豆の浸し豆

鞍掛豆の浸し豆
不二楼定番のお通しとして筆頭を務める鞍掛豆は、その模様が馬に鞍を掛けたような模様に見えることからその名前が付けられました。
長野県が産地の珍しい豆ですが、豆自体の味と風味が非常に良いので、シンプルながら素材の味がきちんと分かる浸し豆という料理法で仕上げています。
この豆は「一度食べて、はまってしまった!」という方の話をよく聞きます。一杯目のビールのお供に最適のおつまみです。

お食事

不二楼の究極のつくね串

不二楼の究極のつくね串。
長年研究を重ねた配合の鶏ひき肉。そのひき肉の余計な水分を独自の熟成技法で抜き、そこへ濃厚に炊き上げた旨味たっぷりの鳥白湯スープをとろっとろになるまで混ぜ込んでおります。
言うなれば、旨味のスポンジのようになった鶏肉に、その鶏自体の濃厚な味を入れ込むという革新的な技法。他を寄せ付けない圧倒的な美味しさを実現した究極のつくねです。
ご来店の際は是非1階カウンターでお召し上がり頂きたい逸品です。