鮨 不二楼(三階)

本日は鮨 不二楼 一般予約の受付日です。(12月のご予約)

本日は鮨 不二楼 一般予約の受付日です。(12月のご予約)

皆さまお待ちかね、パンパンに身とカニ味噌の詰まった、極上の津居山蟹をむしゃぶりつく毎年恒例のあのコースが、11月中旬より(ホントは11月6日解禁ですが、ご祝儀相場で暴騰しますので少し価格が落ち着いた時期より)いよいよスタートします。

当店で扱う津居山蟹は、基本的に8〜10年物。大きさは1.2kg以上で我々の入荷にはいくつかの基準があります。1に産地。2に目利き。3に鮮度。4に泥履き。5に茹で。6に運び。7に捌き。カニはシンプルなだけにその1つ1つにどういう流儀があるかで味が全く違います。

本日は鮨 不二楼 一般予約の受付日です。(12月のご予約)

聞けばカニ好きは茹でるのを嫌う傾向があるようです。エンターテイメントとして、生のカニを目の前で捌いて足をしゃぶしゃぶしたりカニ味噌を甲羅で焼いたり、炊き立てのカニご飯を云々など言いますが、不二楼の場合は「浜茹で」一択です。
このカニを試食して毎年唸りますが、この茹での奥深さはハンパなく、流儀も様々。茹で時間は秒単位で、地場のお湯も、塩配も、一緒に大量に茹でるカニの旨味の呼び戻しも、ずっとカニと共に生きてきた地域の人々の腕にはかないません。

召し上がった方々が軒並み衝撃を受けるこの蟹は、生涯で一度は食して頂く価値があります。4年目に突入した今年はこの蟹を、鮨のコースと分けてご提供。

本日は鮨 不二楼 一般予約の受付日です。(12月のご予約)

圧倒的な日本最安値を目指す「鮨 不二楼」では、鮨の貫数を調整した選抜コース(お一人様12,000円) をご注文頂くと、オプションとしてカニを丸々1杯38,000円(浜値で若干変動します)を使って特別コースを仕立てます。
【一般予約からこちらの選抜コース+津居山蟹をご希望の場合は、備考欄にお書き添え下さい】

そして今年は最高級の天然トラフグを満喫する究極のコースも登場。私どものフグの食べさせ方は一風独特で、特に鍋と白子はこうして食べるのが一番旨いと言わしめる絶品コースです。前世がフグだと豪語する山口生まれの女将イチオシのコースになっております。

旬も続々と登場し、12月の不二楼は美食満載です。少し先行して本日より受付開始。思う存分美食にまみれましょう。皆さんのご予約をお待ちしてます。

本日は鮨 不二楼 一般予約の受付日です。(12月のご予約)

◆受付方法:専用サイトより
 https://fujiro.co.jp/about/reservation-3f.html
◆受付時間:10月1日(木) 23:59まで
◆予約可能日:2020年12月の一般予約日
***
■■■お問い合わせ・キャンセル待ち■■■
「鮨 不二楼」についてのご質問、「鮨 不二楼」一般予約に関するお問い合わせ、会員についてなどは【鮨 不二楼のお問い合わせ専用ダイヤル】までお気軽にお問い合わせください。
キャンセル待ちやご希望の日時が直近(10月~11月)で御座いましたら、その旨もお電話にてご相談承ります。
→ 080-9987-9292
※お電話の対応ができない場合、留守番電話サービスに接続されます。
ご都合の良いお時間帯とご用件をお入れください。
***
不二楼は現在、感染予防に十分配慮した上でお客様の席の間隔を広げ、昼営業も含め3部制の営業をさせて頂いておりま【昼12時の部】【17時30分の部】【19時30分の部】
当店の感染予防対策についてはこちらをご覧ください。
https://fujiro.co.jp/news/archives/1631