お知らせ, 鮨 不二楼(三階)

二月如月


いよいよ二月如月も終わろうとしています。

如月の別名は沢山ありますが、その中で目に入ったのは「令月」。「令月」とは何をするにも素晴らしい月、おめでたい月という意味があるそうです。
「嘉辰令月を選んで結納を交わす」という句もあるようにとても喜ばしい月とのこと。そして立春まで続く、一年の一番寒い大寒の時期も重なります。

この頃の「寒の水」と言われている冷たい水は雑菌も少なく、味噌作りやお酒作りに適しているそうです。冷たいという一見ネガティブな状況や、辛いことも、新しいステージに行くために必要なのかもしれません。
寒くて、震える毎日も、捉え方によってはもうすぐ来る春を楽しむための序章だと想うとしのげます。身体を冷やさず、休養をよく取り、栄養のあるものを食べてお身体、くれぐれも大切にされてください。

***

来週3月1日は一般予約日、5月のお席のご案内が出来る頃合いとなりました。

出始めの鯵(アジ)
伊佐木(イサキ)
初鰹(カツオ)
瀬戸内の鰆(サワラ)
カンヌキ(大型のサヨリ)
鱚(キス)
幻のアカバナ(大型のカンパチ)の3週間熟成
雪のようにトロけていく熟成本マグロ
富山より直送の熟成白えび 
など
美味しい春~初夏の味覚が続々と登場致します。

鮨不二楼の一般予約についてはこちら
https://fujiro.co.jp/about/reservation-3f.html