お食事

食材のマリアージュ
天扶良は素材の持ち味を限界まで引き出す為の調理法です。
例えば食材のマリアージュという楽しみ方も。
いよいよ8月17日よりスタート致します。

お食事

天扶良は『蒸し物』
天扶良は『蒸し物』である、という哲学。8月17日より、満を持して登場致します。
皆様大変お待たせ致しました。
※写真はゴーヤと小柱、アスパラガスの穴子巻きです。

お食事

佐賀牛鉄板ハンバーグ
皆さまお待たせ致しました。
不二楼2階メニューの佐賀牛シリーズが、いよいよ「お盆明け」より本格始動致します。
例えばこんな佐賀牛鉄板ハンバーグも。
鉄板職人三浦の表現する魅惑の世界観を是非お楽しみ下さい。

お知らせ

不二楼3階 熟成鮨フロア・一般開放イベント
【不二楼3階 熟成鮨フロア・一般開放イベント】
平素よりFacebookページへのイイネやフォローをありがとうございます!
この度、不二楼3階【熟成鮨】フロアへの予約問い合わせが殺到している事を踏まえまして、Facebookページのフォロワー様限定で、 8月31日(木)に一般予約イベントを開催する運びとなりました。席数の関係上、ご参加頂ける人数には限りがございますが、以下の通りご参加頂ける方々を募集致します。
また基本的に3階フロアは会員制・紹介制ではございますが、今回ご参加頂く方々に限り会員へのエントリーが可能となります。
日時 : 8月31日(木)
第1部 17:00〜19:30 (10名様限定)
第2部 20:00〜22:30 (10名様限定)
参加費 : 不二楼【熟成鮨】特別編成フルコース〈焼鳥含む〉20,000(税サ別) ドリンク別途
《お申込み方法》
参加を希望される方は、ご予約される人数とご希望の時間帯(第1部もしくは第2部)を、こちらのFacebookページのダイレクトメッセージにてお送り下さい。 個別にご返信致します。(( コメント欄からのご予約は受付けておりませんのでご了承下さい ))
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

お食事

不二楼の鶏 :品種にこだわる理由
私どもは、鹿児島出水市にある提携養鶏場の専用飼育鶏(日齢120日以上)を使用しています。品種は純和血統の赤鶏。軍鶏系の地鶏は使用しません。
軍鶏系は火を通すと硬くなるので、肉厚で串に打てず、炭でパリッと焼くより、余熱で火を通す料理法に向いてます。それに比べ、赤鶏系は肉質、食感、風味がとことん焼鳥向き。飼育方法1つでどれだけでも美味しく育てる事が可能です。
また、ブランドのポリシーや、こだわりをとことん追求するなら、飼育段階から関わらないと良い鶏肉は提供出来ません。私どもの根幹を支えるオリジナルブランド鶏がいかにして育てられているか、これからシリーズでお伝えして参ります。

お食事

焼鳥のタレについて
創業者高取が創業以来ずっと磨き続けてきた焼鳥のタレ。
今回は魚介の熟成技術を応用した焼鳥の領域へ踏み込むため、従来の継ぎ足しダレを10年ぶりにリニューアル致しました。
10時間以上掛けて何層にも重ねられた甘さと数種類の醤油が織り成す圧倒的なコクと旨味。
革新と伝統の融合が生み出す美味しさを是非お楽しみ下さい。

お食事

不二楼に宿る『焼鳥の美学』
私どもは四半世紀以上を掛けて
「本当に美味しい焼き鳥とはどういうものか」という哲学を行い、
日々妥協することなく研鑽を重ねて参りました。
他の追随を許さない圧倒的な美味しさへの挑戦の陰には、
私ども不二楼の美学が宿っています。

お食事

鞍掛豆の浸し豆

鞍掛豆の浸し豆
不二楼定番のお通しとして筆頭を務める鞍掛豆は、その模様が馬に鞍を掛けたような模様に見えることからその名前が付けられました。
長野県が産地の珍しい豆ですが、豆自体の味と風味が非常に良いので、シンプルながら素材の味がきちんと分かる浸し豆という料理法で仕上げています。
この豆は「一度食べて、はまってしまった!」という方の話をよく聞きます。一杯目のビールのお供に最適のおつまみです。

お知らせ

土壌熟成

今後、不二楼で扱っていく野菜が育つ場所の土壌です。
なんと驚愕の『土壌熟成』。土ごと麹化した肥沃な土壌で様々な野菜を育てます。
場所は宮崎県の都農町。
栄養分たっぷりの豊かな森の香りがする畑で育てられた野菜は力強く旨味たっぷり。
まずは、こだわりの天ぷらから。日替わりメニューでいよいよお目見えです。

土壌熟成土壌熟成土壌熟成土壌熟成土壌熟成