お知らせ, お食事

今日は1月2月の新年会、宴会にぜひご利用頂きたい究極のコースのご案内です。

九絵(クエ)は刺身も鮨も美味しいですが、火を通す事でその魅力が引き出される「鍋」が抜群に美味しい魚です。また、クエほど高級魚なのに知名度がないものはありません。漁獲量が圧倒的に少ないので世の中にほとんど出回らず、本場九州人でさえ「幻」と呼ぶほどです。

クエの鍋は『チリ鍋』と『しゃぶしゃぶ』の2種類が筆頭に挙がりますが、我々はその両方の魅力を味わって頂くために、日本でも唯一、不二楼だけの『アラしゃぶ鍋』を完成させました。

当店総大将の高取はクエの本場、唐津の生まれなので、熟成鮨と共にこのクエ料理を不二楼の柱にすることが目標だったのですが、20年以上この魚と向き合って来て、おおよそ満足のいく食べ方に行き着いたので、この度新年から新プランでお披露目することに相成りました。

「クエは白身の王様」と言わしめる由縁は、白身なのに松坂牛の如き霜降りで、湯に通すと口の中であっという間にとろけていく極上の身の旨さにあります。

そして大切なのがタレです。私どもは今まで様々なものを試して参りましたが、試行錯誤の末に行き着いた、『オリジナルの特製ダレ』。実はこのタレは小皿一杯一人前の原価だけで2,000円オーバーというとんでもないシロモノで、製法は一切の秘伝。この数年で一気に進化を遂げ、抜群に美味しいくなりました。

程よく湯にくぐらせたとろける身をこの特製ダレにくぐらせ口に入れた瞬間、クエの旨味とタレが混然一体と合わさり、口の中に熱々の旨味があふれていきます。その強烈なまろやかさは他の追随を一切許しません。

そして出汁の仕上がりは特に重要で、捨てる部位が一切ないと言われるクエの様々な部位で出汁を取り、ふっくらと茹で上がったトロける身をどんどん食べ進め、鍋が終わった後は、こだわりの『おじや』で〆ます。

そんな様々なつまみやクエ料理を織り交ぜた『新春アラしゃぶコース』が、いよいよ今日より予約受付開始です。熟成鮨を交えた特別コースもありますので、詳しくは私どもにメッセージにてお問い合わせ下さい。

【新春 クエのアラしゃぶコース】
価格:お一人様15,000円(税サ別)
※Facebook経由で期間中(1月4日〜10日)にご予約頂いた方は「消費税サービス料込15,000円」の新春価格にて承ります。

内容:
クエしゃぶ
旬の鍋野菜
特製ダレ/特製胡麻ダレ
不二楼名物 直江兼続公イカの塩辛
極上子持ち昆布
168時間熟成 不二才焼酎明太子
特選 熟成魚刺身盛り合わせ
クエの唐揚げ
〆の雑炊

<今季の受付は終了いたしました>

 

お知らせ, お食事

12月22日 第1部のご案内
毎月大変好評を頂いております不二楼3階の熟成鮨イベントは、毎月22日(不二の日)に開催し、どなたでもご参加頂けます。
いよいよ冬本番。魚の旨さはもはや別格です。特に熟成した九絵(クエ)の握りは皆さま感動して頂いております。
回を重ねるに連れ、新たな常連様が続々と誕生しております。めくるめく不二楼の世界観を味わう渾身の熟成鮨コースを是非お試し下さいませ。

12月22日のイベントは以下の通りです。

開催日: 12月22日(金曜日)
場所: 不二楼3階 橘フロア
時間: 第1部 18:00
参加費: コース12,000円(税サ別)

コース内容: カウンターで食す『新江戸前熟成鮨』を筆頭に四季の味覚を盛り込んだ様々な逸品料理を堪能する旬のフルコース(15〜20品)。
※お料理の品数は旬や仕入れにより変動します。
※ドリンクは含まれておりません。
参加方法: Facebookメッセージより承ります。
※コメント欄では受け付けておりません。

定員: 10名様
質問など御座いましたお気軽にお問い合わせ下さい。皆様のご参加をお待ち申し上げております。

お知らせ, お食事

冬のグランドメニューで初登場の『鶏出汁おでん』が好評です。濃厚な鶏の出汁でじっくり炊いた自家製鶏はんぺんや九州ならではの餃子天、餅巾着など豊富なネタに加え、日替わりのおでんダネも各種野菜や豚巻きなど続々と登場しています。
寒い夜には熱燗と、お好みで辛子や柚子胡椒を付けてハフハフお召し上がり下さい。

お食事

肥えたクエを競り落としました

福岡の長浜市場で、でっぷりと肥えたクエを競り落としました。
画像だと縮尺が分かりませんがかなり大きいです。
熟成鮨としゃぶしゃぶ鍋、ちり鍋用に考えています。
お客様の喜ぶ顔が目に浮かびます。

お食事

五島から鯖が到着

五島から大振りの鯖が到着しました。
脂の乗りも極上で、鮮度も抜群です。
これを軽く酢締めにして、不二楼独自の藁(わら)で炙り、レアで召し上がって頂きます。

お食事

新鮮なタコを柔らかくするために
この新鮮なタコを柔らかくするために、私たちはお茶で炊きます。
通常はナマコなどに使う『茶ぶり』という技法の転用です。
ここから先は製法秘伝。
あまりの柔らかさに召し上がられるお客様は皆さん目を見開いて驚かれます。

お食事

極上ロースカツ定食
不二楼ランチで一日に100食近く注文が殺到する極上ロースカツ定食です。
提携養豚場で独自ブランド『千代の栄』のロース肉を厚切りにし、
2階料理長三浦がとことんこだわって仕上げます。
行列でお並び頂いている時点で注文をお聞きします。
どんどん揚げていきますので着席から提供までに5分〜7分程度。
炊きたての熱々ご飯と共にサックリどうぞ。