お知らせ, お食事

新春 クエコースのご案内

今日は1月2月の新年会、宴会にぜひご利用頂きたい究極のコースのご案内です。

九絵(クエ)は刺身も鮨も美味しいですが、火を通す事でその魅力が引き出される「鍋」が抜群に美味しい魚です。また、クエほど高級魚なのに知名度がないものはありません。漁獲量が圧倒的に少ないので世の中にほとんど出回らず、本場九州人でさえ「幻」と呼ぶほどです。

クエの鍋は『チリ鍋』と『しゃぶしゃぶ』の2種類が筆頭に挙がりますが、我々はその両方の魅力を味わって頂くために、日本でも唯一、不二楼だけの『アラしゃぶ鍋』を完成させました。

当店総大将の高取はクエの本場、唐津の生まれなので、熟成鮨と共にこのクエ料理を不二楼の柱にすることが目標だったのですが、20年以上この魚と向き合って来て、おおよそ満足のいく食べ方に行き着いたので、この度新年から新プランでお披露目することに相成りました。

「クエは白身の王様」と言わしめる由縁は、白身なのに松坂牛の如き霜降りで、湯に通すと口の中であっという間にとろけていく極上の身の旨さにあります。

そして大切なのがタレです。私どもは今まで様々なものを試して参りましたが、結局最後は『オリジナルの肝ダレ』に行き着きました。実はこのタレは小皿一杯一人前の原価だけで2,000円オーバーというとんでもないシロモノで、製法は一切の秘伝。この数年で一気に進化を遂げ、抜群に美味しいくなりました。

程よく湯にくぐらせたとろける身をこの肝ダレにくぐらせ口に入れた瞬間、クエの旨味と肝ダレが混然一体と合わさり、口の中に熱々の旨味があふれていきます。その強烈なまろやかさは他の追随を一切許しません。

そして出汁の仕上がりは特に重要で、捨てる部位が一切ないと言われるクエの様々な部位で出汁を取り、ふっくらと茹で上がったトロける身をどんどん食べ進め、鍋が終わった後は、こだわりの『おじや』で〆ます。

そんな様々なつまみやクエ料理を織り交ぜた『新春アラしゃぶコース』が、いよいよ今日より予約受付開始です。熟成鮨を交えた特別コースもありますので、詳しくは私どもにメッセージにてお問い合わせ下さい。

【新春 クエのアラしゃぶコース】

価格:お一人様15,000円(税サ別)
※Facebook経由で期間中(1月4日〜10日)にご予約頂いた方は「消費税サービス料込15,000円」の新春価格にて承ります。

内容:
クエしゃぶ
旬の鍋野菜
肝ダレ/特製胡麻ダレ
不二楼名物 直江兼続公イカの塩辛
極上子持ち昆布
168時間熟成 不二才焼酎明太子
特選 熟成魚刺身盛り合わせ
クエの唐揚げ
〆の雑炊

ご予約方法:
メッセンジャーにて承ります。
希望日時、お名前、人数、ご連絡先をご入力の上お問い合わせ下さい。ご予約の状況によりお席のご準備が出来ない事も御座いますので、可能な限りいくつかの候補日を頂けますとスムーズです。
※コメント欄では受け付けておりませんのでご注意下さい。皆さまのご連絡をお待ちしております。